貿易事務の魅力や業務内容を知って求人に応募しよう

貿易事務はここがいい!海外へ繋がる求人を探してみよう

貿易事務の魅力や業務内容を知って求人に応募しよう

オフィス

貿易事務のお仕事とは

貿易事務の求人は、大きく分けて「海外企業との交渉業務」、「輸出入手続き代理業務」、「国際輸送業務」の3つの種類があります。それぞれの仕事内容や必要なスキルが異なってくるため、一言では言い表すことが難しい仕事になります。

シャツとネクタイと履歴書

貿易事務で身につくスキルとは

貿易事務は、1日の業務が多様です。そのため、様々なスキルが着実に身に着けられます。特に、パソコンスキル、語学力、ビジネススキルなどは、日々取り組む業務のため、自然と鍛えられます。

求人表

未経験でどんな仕事を任されるのか

未経験の場合ですと、最初は英文書類の作成やチェックなど、比較的簡単な作業からのスタートになります。パソコンでの業務がメインとなり、書類作成の際の正確さやスピーディさが求められるため、そのスキルアップも行われます。

女性

英語以外にも必要となる語学がある

貿易事務では英語がメインとなってきます。しかし、英語力が無いからと決して諦める事はありません。英語力が苦手でも、中国語やイタリア語等、その人が得意とする語学力を活かした業務が、貿易事務には複数存在します。

貿易事務の魅力をランク付けしてみよう

男性
no.1

グローバルなビジネスの最前線に立てる

貿易事務は主に書類の作成やメールなどでの対応です。しかし、このコンタクトを取る事が、ビジネスのスタートになります。最終的には、営業が契約まで持ち込むとしても、日々の接客や書類の準備などが無くては、物事は進んでいきません。これが貿易事務が選ばれる大きな理由です。

no.2

年齢や雇用形態など関係なく責任ある仕事が出来る

多くの事務業務は、営業の補佐をすることが主です。しかし、貿易事務では、補佐以上の役割や能力を求められます。最前線でビジネスに関わる以上、営業担当の後ろでサポートするだけという事はありません。それはベテランも新人も関係ないのです。そのため、1人1人が責任を持ち、業務に取り組むことが魅力の1つです。

no.3

柔軟性やマネジメント能力が身につく

貿易事務担当の醍醐味とも言えるのが、臨機応変に対応できる柔軟性です。様々な文化や考え方を持った国の人達との取引となるため、様々なトラブルも発生します。それを上手く対応する能力も必要となります。また、貿易事務であっても、貿易に関わる以上、マネジメント能力が必要となってきます。その能力を自然と身につけられるのが、やりがいに繋がります。

広告募集中